ぶどうの保存期間はどれくらい?

秋の味覚の一つとしてあげられるぶどうですが、自宅での保存期間はどれくらいなのでしょうか。
ぶどうは常温でも置いておくことは可能です。
しばらく食べないという場合には、冷蔵庫から冷凍庫に入れ替えると良いでしょう。
ぶどうを常温で保存する場合には、あまり日持ちがしません。
温度が高いほど傷みやすくなるので、新聞紙や袋などに包んで直射日光の当たらない冷暗所で保存するようにしましょう。
また小粒のものほど、新聞紙などで包む際には、新聞紙のかたさに実が負けないように、新聞紙をくしゃくしゃにして柔らかくしておく必要があります。

常温の場合には2、3日程度で食べきるようにすることです。
冷蔵庫に入れる場合には房をつけた状態と、房から外した状態の二つの方法があります。
房をつけたままの場合は、一房ずつ新聞紙や袋やラップなどで包みましょう。
房から外す場合は2、3ミリ程度の枝を残して、はさみなどで切り取って外します。
タッパーやジップ付きの袋に入れて冷蔵庫に入れましょう。
冷蔵庫での保存期間は、房付きの場合は3から5日程度、房から外した場合は1週間程度です。
冷凍庫に入れる場合には、一つ一つ外してタッパーやフリーザーバッグに入れて冷凍庫に入れましょう。

冷凍の場合の保存期間は2、3週間です。

01picture

ぶどうを常温で保存する方法は?

ぶどうを大量に購入したり頂いたりして、余ってしまった場合に、常温で保存するには、どのような方法をとればいいのでしょうか。

ぶどうは収穫後も、実の中の栄養素や水分を使って生き続けています。
そのため、日ごと鮮度は低下していきます。
収穫後から購入までの時間によっても異なりますが、冷蔵庫で約1週間程度がおいしく食べられる目安といえます。
房からぽろぽろと実が外れやすくなっている場合には鮮度が随分と落ちてしまっている証拠です。
また張りがなく、萎びている状態の実は水分がなくなっている状態であり、こちらも劣化がすすんでいるといえます。
食べた時に、発酵したような酸味を感じたり、カビのような臭いがある場合には食べるのをやめて捨てるようにしましょう。

それでは、ぶどうはどれくらいの間、常温保存が可能なのでしょうか。
ぶどうは常温保存が可能ですが、その分傷みも早くなります。
温度が高いところに保存するほど傷みやすくなるので、どうしてもの常温の場所に置く場合には、直射日光を避けた冷暗所に置くようにしましょう。

上手な保存方法としては、新聞紙やポリ袋に覆う方法が挙げられます。
その際には、やさしく丁寧にぶどうを扱うように心掛けましょう。
実に傷がつくと傷みやすくなり劣化も早まります。

02picture

ぶどうは冷蔵庫で保存できる?

ぶどうは冷蔵庫での保存が可能です。
ぶどうを冷蔵庫で保存する場合は、房がついたままの状態と、房から外した状態では多少方法が異なります。
ぶどうの房をつけたままの状態では、果物の水分を保つためにも1房ずつ新聞紙やサランラップで優しく包み、冷蔵庫の野菜室で保存するのがいいでしょう。

スペースが足りなく、房から外して保存する場合は、実に傷が付き、果汁漏れを防ぐためにも、1粒ずつ2~3ミリ程度の枝を残すようにキッチンバサミで切っていきます。

すべて房から外したら、タッパーなど密封できる容器にいれて野菜室に入れるようにしましょう。
タッパーがない場合は密封できるジップ付きの袋でも大丈夫です。
賞味期限の目安としては、房つきの場合は3~5日程度、房から外した場合は1週間程度を目安に食べきるようにしましょう。

また、食べる20~30分ほどに冷蔵庫から出し、常温に戻すことでより果物の甘みを感じることができます。
食べる直前に実を洗うことがポイントです。
ぶどうの皮には白い粉のようなブルームという成分がついています。
この成分は鮮度を保つ役割があるため、擦ったり洗ったりすのは食べる直前が良いでしょう。
おいしく味わうためにも適切な方法で保存するようにしましょう。

03picture

冷凍保存することはできる?

ぶどうは、常温で置く以外に、冷蔵保存や冷凍保存することができます。
常温の場合、日の当たらない冷暗所においても賞味期限は2~3日ほどです。
ぶどうは温度が高い所に置いておくと傷みやすくなります。
粒を1つづつはずす場合は、キッチンバサミなどを使い、枝を付けるように切ってはずすと、穴から果汁が漏れないので傷みにくくなります。

タッパーやジップロックなどに入れて、冷蔵庫の野菜室に入れておくと1週間ほどは、美味しく食べることができます。
食べるときに、常温に戻してから食べると、甘みを感じやすくなります。
冷凍するときは、枝を付けて切り取り、流水で洗っておきます。
キッチンペーパーなどで水気をふき取って、タッパーや、フリーザーバッグに入れて冷凍保存しておくと、1ヶ月は美味しく頂くことができます。

また、解凍せずに凍ったまま食べると、シャーベットとして、美味しく食べられます。
少し置いておくと、少しの力で皮を簡単に取ることができます。
種無しぶどうのように薄くて柔らかい品種なら、皮ごと食べることもできます。
味が薄いものや日持ちしそうにないときは、ジャムやコンポートにするのもよいでしょう。
食べきれないときは、ジャムも冷凍保存することができます。

04picture

ぶどうの保存も楽ではない?

こうして見てみると、ぶどうの保存もなかなか大変ですよね。
ぶどうを取り入れる目的がぶどうに含有されているものを取り入れることなのだとしたら、別の方法もあります。
例えば、ぶどうにはレスベラトロールが含有されていますが、レスベラトロールを日常的に体内に取り込む方法はぶどうだけではありません。
そういった知識については、こちらのサイトが役立ちます。